葬儀での故人へのお礼

葬儀での参列におけるお礼

葬儀に参列し故人にお礼をする

以前お世話になった方や親戚、友人、知人などの葬儀のお知らせを聞いた時、出来るかぎり予定を調整して葬儀に参列したいものです。 参列しましたら、受付を済ませ案内係の誘導にしたがい、焼香の順番がまわってきたら喪主ら親族に頭を下げ、故人の遺影に向かい一礼したのち、今までお世話になったことへのお礼と安らかにお休みくださいといたわりの言葉を語りかけてあげましょう。 そののち、通夜ぶる舞の席が用意されていれば、遠慮することなく会場に足を運びその席で故人とのエピソードなどを語り合い、大笑いしてあげることが最高の供養となります。すなわち最高のお礼になるのです。

葬儀に参列する時のマナー

葬儀に参列する時のマナーを知っておくといざという時に慌てずに済みます。まずは普通のお葬式かどうかを調べましょう。家族葬の場合弔問できない事もありますので、事前に調べておきます。また、服装も略式の礼服を用意します。喪主や遺族の物より格下の物を選ぶのがマナーです。色は男性はワイシャツ以外は黒で統一、女性も黒で統一し、ネイルや化粧は控えましょう。お子さんがいて連れていける年齢の場合はあれば制服、なければ失礼のないようなデザインの黒やグレー茶色などの服を着せましょう。静かにできない年齢であれば葬儀の邪魔になりますので、どなたかに面倒を見てもらい参列は辞退するほうがよいでしょう。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀での参列におけるお礼 All rights reserved